ニールガガン
ニールガガン
NEELE GAGAN PTY.LTD ABN 17 010 989 554
http://www.neelegagan.com.au/
クイーンズランド州公認不動産ライセンス(NO.3014751)
ゴールドコーストの不動産購入・買い替えなど、お気軽にご相談ください。

不動産情報 ニュース&コラム
 
カテゴリ
アーカイブ
最近のニュース

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

(9月14日)<ロングステイ商品>団塊の世代をターゲット 大手旅行会社

( 2005年09月14日 )


07年からの団塊の世代の大量退職を控え、大手旅行会社が、海外の1都市に長期間滞在する「ロングステイ」商品に力を入れている。各社は、知的好奇心が旺盛で行動力があると言われる団塊の世代は、周遊型の旅行では飽き足らず、海外の文化や生活にじっくり触れる機会を求める人が多いとみて、需要を当て込んでいる。
 ロングステイでは、おおむね2週間以上半年以内、一つの都市に滞在する。04年度は約7万人がこのタイプの旅行をしたと推計される。温暖な気候や物価の安さで、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシアなどの人気が高い。
 JTBは4月に、ロングステイの専門部署を業界で初めて設けた。10月3日には東京都中央区に店舗「ロングステイプラザ」を開設する。いずれも団塊の世代に照準を合わせた戦略だという。
 同プラザでは、じっくり相談できるようカウンターは置かず、個室で対応する。現地の病院や銀行の紹介、留守宅の掃除や換気などをサポートする。販売目標は10年までに1万人。「滞在先に親族や友人が訪問する旅行手配も見込める」(広報室)という。
 さらに、ニュージーランドの牧場に滞在して羊の乳搾りをしたり、オーストラリアで熱帯雨林を散策する体験・学習ツアーも今秋から拡充する。
 近畿日本ツーリストはアジアを中心に長期滞在用宿泊施設やスーパーマーケットなどを見学する下見ツアーに力を入れる。「周遊型旅行と違い、大量の申し込みはないが、需要はある」という。
 日本旅行は春と秋に集中して年間30回程度、ロングステイ希望者のセミナーを開いている。50代後半の団塊の世代の参加が目立ち、「すそ野は広がってきた」と市場拡大に手応えを感じている。【瀬尾忠義】
(毎日新聞) - 9月13日20時25分更新

投稿者 kuroki : 05:54 | コメント (0)


(9月8日)オーストラリアは豊かさ先進国

( 2005年09月08日 )

 【ニューヨーク7日共同】国連開発計画(UNDP)は7日、さまざまな指標を基に国民生活の豊かさを示す2005年版の「人間開発報告書」を発表、前年まで5年連続9位だった日本は11位に後退した。
 日本は1990年の第1回報告から2年連続して首位だったが、バブル崩壊後は順位を下げ、今回初めてベストテン圏外に落ちた。
 報告書は世界177カ国・地域を対象に平均寿命や就学率、成人識字率、1人当たり国内総生産(GDP)などから「人間開発指数」を割り出し、国別に比較した。1位は5年連続でノルウェー。

 2位はアイスランドで、オーストラリア、ルクセンブルク、カナダ、スウェーデン、スイス、アイルランド、ベルギー、米国と続いた。アジアでは22位に香港、25位にシンガポール、28位に韓国が入った。中国は85位。

 


投稿者 kuroki : 18:17 | コメント (0)


(9月8日) 注目! <国内各地無料>移住・不動産投資個人面談のお知らせ

( 2005年09月05日 )

下記の国内各地を訪問致します
面談お申込みの方には、”ゴールドコースト暮らしセミナー”資料を進呈!

photo1.jpg

来る、9月中旬〜10月初旬にかけて、日本各地にて個人面談を受け付けます。オーストラリアへの不動産投資、事業設立〜退職移住、ロングステイまで、幅広くご相談に応じます。
コンサルティングは、一切無料です。 私の滞在するホテル、もしくはご指定の場所で待ち合わせも可能です。この機会に是非ご相談下さい。
9月17日〜21日 関西地区 
9月22日      博多
9月23日      広島
9月24日      名古屋
9月25日〜30日 東京
以上の予定ですが、変更する場合もありますので、お早めのお問い合わせ下さい。

投稿者 kuroki : 13:20 | コメント (0)


オリーブ油に鎮痛作用 がんのリスクも低減?

( 2005年09月01日 )


 新鮮なオリーブ油に、抗炎症薬イブプロフェンと同様の鎮痛作用を持つ物質が含まれていることを米ペンシルベニア大などの研究チームが突き止め、1日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 研究チームは「物質の含有量が少ないので、油を食べても頭痛には効果がないが、長期にわたって摂取すれば、イブプロフェンと同じようながんのリスク低減や、血栓をできにくくするなどの効果が得られるかもしれない」としている。
 チームは、搾りたてのエキストラバージンオリーブ油を口にすると感じるのどの刺激が、風邪薬などに含まれているイブプロフェンをのんだ際に感じる刺激と似ている点に着目。油に含まれる特定の物質が刺激の原因であることを突き止め、「オレオカンタール」と名付けた。
(共同通信) - 9月1日3時0分更新

投稿者 kuroki : 12:32 | コメント (0)


会社案内 個人情報の保護 お問い合わせ Copyright©2004-2005 Neelegagan Pty Ltd. All right reserved.