ニールガガン
ニールガガン
NEELE GAGAN PTY.LTD ABN 17 010 989 554
http://www.neelegagan.com.au/
クイーンズランド州公認不動産ライセンス(NO.3014751)
ゴールドコーストの不動産購入・買い替えなど、お気軽にご相談ください。

不動産情報 ニュース&コラム
 
カテゴリ
アーカイブ
最近のニュース

« (9月8日)オーストラリアは豊かさ先進国 | TOPに戻る | (10月18日)ジャカランダの咲く季節・・・・・・・ »

(9月14日)<ロングステイ商品>団塊の世代をターゲット 大手旅行会社


07年からの団塊の世代の大量退職を控え、大手旅行会社が、海外の1都市に長期間滞在する「ロングステイ」商品に力を入れている。各社は、知的好奇心が旺盛で行動力があると言われる団塊の世代は、周遊型の旅行では飽き足らず、海外の文化や生活にじっくり触れる機会を求める人が多いとみて、需要を当て込んでいる。
 ロングステイでは、おおむね2週間以上半年以内、一つの都市に滞在する。04年度は約7万人がこのタイプの旅行をしたと推計される。温暖な気候や物価の安さで、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシアなどの人気が高い。
 JTBは4月に、ロングステイの専門部署を業界で初めて設けた。10月3日には東京都中央区に店舗「ロングステイプラザ」を開設する。いずれも団塊の世代に照準を合わせた戦略だという。
 同プラザでは、じっくり相談できるようカウンターは置かず、個室で対応する。現地の病院や銀行の紹介、留守宅の掃除や換気などをサポートする。販売目標は10年までに1万人。「滞在先に親族や友人が訪問する旅行手配も見込める」(広報室)という。
 さらに、ニュージーランドの牧場に滞在して羊の乳搾りをしたり、オーストラリアで熱帯雨林を散策する体験・学習ツアーも今秋から拡充する。
 近畿日本ツーリストはアジアを中心に長期滞在用宿泊施設やスーパーマーケットなどを見学する下見ツアーに力を入れる。「周遊型旅行と違い、大量の申し込みはないが、需要はある」という。
 日本旅行は春と秋に集中して年間30回程度、ロングステイ希望者のセミナーを開いている。50代後半の団塊の世代の参加が目立ち、「すそ野は広がってきた」と市場拡大に手応えを感じている。【瀬尾忠義】
(毎日新聞) - 9月13日20時25分更新

投稿者 kuroki : 2005年09月14日 05:54

コメントしてください




保存しますか?


会社案内 個人情報の保護 お問い合わせ Copyright©2004-2005 Neelegagan Pty Ltd. All right reserved.